デジカメ 初心者 入門

デジカメやレンズの保管方法について

カメラやレンズの保管の大敵は湿気です。湿度は40%前後(30〜50%)がベストと言われています。ちなみに気温20〜28℃、湿度60〜90%くらいがいちばんカビが生えやすいそうです。

 

空気に触れさせることがポイントです。

 

大事なカメラやレンズなどでしたらやはりバッグよりは、カメラやレンズ専用のドライボックスや防湿庫がいいと思います。

 


カメラやレンズの防湿庫

 

カメラ・レンズの防湿用品リスト

 

 

 

防湿庫がベストだと思いますが最低でも2,3万円くらいするようです。それでハクバなどのドライボックスにエツミ、ハクバなどの防湿剤、防カビ剤といっしょに入れておけばどうでしょうか?防湿剤、防カビ剤については決められた個数、有効期間には注意が必要です。また食品用は避けたほうがいいです。

 

置いておく場所ですが、冬などに加湿器などを使ったりするような湿気の多い部屋は避けたほうがいいでしょう。

 

長い間使わないからといってカメラバッグやカメラケース、カメラの入っていた箱などに入れてタンスや押しれの中に仕舞っておかないことです。しばらく撮影の予定のない時も、たまにはカメラやレンズを出して、シャッターを切っておくといいです。

 

いろいろな機会を見つけてカメラを持ち出し、撮影することでカメラを空気に触れさせるのが、いちばんのカビ対策だと言えるでしょう。

 

繰り返しになりますが、高価なカメラやレンズ等の保管は防湿庫を使うのが万一を避けるにはベストな方法ですが、自分に合った対策を取ってください。

 

そして、仕舞う時は指紋などが残らないように、シリコンクロスなどで拭き取っておきましょう。

 

 

 

 

 

カメラやレンズの保管方法