フォーカスロックについて

デジカメ・フォーカスロックについて

 

 

半押しって何?

シャッターボタンを途中まで押すことを「半押し」といいます。ここでカメラは露出やホワイトバランス(オートにしていた場合)、感度(オートにしていた場合)、ピントなどを決めてくれます。

 

そして半押しの状態で、あとはシャッターチャンスを待ってシャッターボタンを押すことになります。

 

フォーカスエリア

今のカメラはオートフォーカスエリアが広くなりオートフォーカスの測距点も多くなりました。 それでもピントが自分の撮りたいものに合わないことがあります。

 

オートフォーカスは基本的に手前にあるものに合いやすくなっています。 そのため自分がピントを合わせたいものが後ろなどにあるとピンボケになることがあります。

 

自分がピントを合わせたいものがある時は 任意のオートフォーカスの測距点を1つ決めてピントを合わせたほうがうまくいきます。

 

また、オートフォーカスエリアからはずれた人物などを撮りたい時があります。 その時はフォーカスロックで撮影しましょう。

 

フォーカスロックのやり方

撮りたいものを中央の測距点に合わせ、シャッターボタンを半押しにしてフォーカスロックをし、ロックをしたまま=つまり半押しのまま 画面を左右上下に動かして、気に入った構図の画面になればシャッターボタンを全押しして写します。

 

たいていのカメラでは、中央の測距点がオートフォーカス精度がいちばんいいのですが、測距点は中央でなくてもいいです。

 

フォーカスロックをして写す時は、できるだけ撮りたいものにいちばん近い測距点を使ったほうが、ピントがずれにくいからです。

 

フォーカスロックで注意すること

注意したいのは、ロックされるのはその距離に固定されるということであって、撮りたいものにピントを合わせ続けてくれるのではないことです。

 

それでカメラを動かす距離が短いほうがピントがずれにくいです。

 

また、被写体や自分自身が大きく動いてしまった時はもう一度ピント合わせをやり直しましょう。

 

フォーカスロックをしたら間髪を置かずにシャッターを切るのがコツです。

 

「くっきりさ」のページへ

フォーカスロック