露出補正

写真の露出を決める4つの要素

 

 

「自動露出」のことを「AE」と言います。

 

デジタルカメラの時代になってフィルムカメラのころよりもとても便利に、そして簡単にキレイな写真を写せるようになりました。

 

撮影する画面全体の「明るさ」を測り、「絞り」と「シャッタースピード」を決めてくれるAE、つまり自動露出の精度もどんどんよくなって来ています。

 

写真の露出を決める4つの要素

その写真の露出を決めるのは「明るさ」「絞り」「シャッタースピード」「感度」の4つの要素です。

 

一般的な撮影の順番で言うと

 

@「感度」を決める。⇒つまりバケツの大きさを決めます。必要な光(水)の量です。

 

A撮りたい画面の「明るさ」を測る。⇒被写体、シーンの明るさですね。

 

B「絞り」と「シャッタースピード」の組み合わせを決める。⇒可能な範囲内で、撮影目的に応じて決める、いうことですね。

 

また、被写体をストロボやライトで照らしたりして、より明るくしたり感度を変えることで「絞り」と「シャッタースピード」の組み合わせを、さらに変えることも出来ます。

 

簡単に整理すると

 

○「明るさ」は被写体側に属します。

 

真っ暗で写真を写せない時や、暗すぎてキレイに写せない時は ストロボやライトなどを当てるといいわけです。

 

○「絞り」と「シャッタースピード」はレンズ側に属します。あるいはカメラの前側に属するといってもいいです。

 

カメラの前面で入ってくる光の量を調節します。

 

○「感度」はカメラ側(ボディー側)に属します。あるいはカメラの後側(うしろがわ)に属するといってもいいです。

 

そこにある撮像素子には「感度」があります。

 

その撮像素子で光の像をデータ化してメモリーカードなどに保存します。

 

「あかるさ」のページへ

露出