ISO感度

感度のいろいろな役割り

 

 

感度の役割りとは?

絞りとシャッタースピードがセットになって撮像素子に光を当て、写真という画像(映像)を生みます。

 

ところがそのきれいなはずの写真が、暗すぎたり明るすぎてはガッカリですね。そうならないために、絞りとシャッタースピードとの組み合わせで、これだけの光の量を撮像素子に当てるときれいな写真が撮れるという基準を示すのが感度の役目です。

 

ISOで呼ばれます。

 

感度の役割りというか、使い分け方について書いてみました。

 

感度のその他の役割1

絞りの大きさもシャッタースピード(光を当てる時間)も変えたくないのだけれど、そうするとキレイに写ってくれない場合です。

 

その時は感度を変えればいいです。

 

そのままでは暗く写ってしまう場合、感度の数字を上げます。つまり数字を大きくします。

 

そのままでは明るすぎて写ってしまう場合、感度の数字を下げます。つまり数字を小さくします。

 

感度のその他の役割2

絞りの大きさはそのままでシャッタースピード(光を当てる時間)を変えてキレイに写したい場合です。

 

その時も感度を変えればいいです。

 

シャッタースピード(光を当てる時間)を長くしたい場合は感度の数字を下げます。つまり数字を小さくします。

 

シャッタースピード(光を当てる時間)を短くしたい場合は感度の数字を上げます。つまり数字を大きくします。

 

感度のその他の役割3

シャッタースピード(光を当てる時間)はそのままで絞りの大きさを変えてキレイに写したい場合です。

 

その時も感度を変えます。

 

絞りの大きさを今より大きくしたい(=開きたい)場合は感度の数字を下げます。つまり数字を小さくします。

 

絞りの大きさを今より小さくしたい(=絞りたい)場合は感度の数字を上げます。つまり数字を大きくします。

 

感度のその他の役割4

ちょっと暗い場所(にあるもの)を撮りたい場合です。

 

絞りの大きさをいちばん大きくし(=開放にし)シャッタースピード(=光を当てる時間)を長くするのがたいてい最初に思いつく方法です。

 

でも、そうすると三脚という道具を使って固定すればカメラブレは防げますが、撮りたいもの(=被写体)が動くものだとそれのブレ(=被写体ブレ)までは防ぐことができません。

 

そこでやはり感度を変えればいいです。

 

感度をできるだけ大きな数字(=感度を上げる)にします。

 

少しの光の量でもきれいな写真が撮れるようにするために、可能な限り感度を上げるわけです。

 

もちろん、感度を上げ過ぎるとノイズが発生し画面がザラついてきますので、その機種はどこまでだったらだいじょうぶか知っておく必要があります。

 

ただ、最近の機種は感度が小さな数字(=感度が低い)の時と同じくらいのきれいな写真が撮れるまで進化しています。

 

画面のキレイさについては個人によって感じ方が違ってくるので、あとは撮影目的(どのような写真を撮りたいのか)によって決めればいいです。

 

「あかるさ」のページへ