ISO感度・その考え方、使い方

 

 

感度とは撮像素子に当てる光の量の基準のこと

 

デジタルの時代になって大きく変わったことは、記録するのがフィルムから撮像素子になったことです。

 

フィルム時代にも感度はあったのですがそのフィルムの感度は原則1つに決まっていてよく使われるのがISO400くらいだったのです。

 

それでお店で買う時もこちらが特に指定しないとISO400のフィルムを渡されたので特に気にしませんでした。それがデジタルカメラになって自分で設定できるようになったことで意識するようになりました。

 

フィルムの方が分かりやすいと思うのでフィルムで説明します。デジタルも理屈は同じです。

 

撮影するというのは、わかりきったことですが、絞りとシャッター速度を調節してフィルムに光を当てることです。

 

ただこの時、フィルムに当てる光の量の基準がないと困ります。この基準がISO感度です。そのISO感度が示す、つまり必要とする光の量がフィルムに当たるときれいに写るということを意味しています。

 

水道の蛇口で例えると・・・

ここでよく使われる水道の蛇口で説明します。 栓をひねって水をチョロチョロ出すか、ドバーッと出すかが絞り(=穴の大きさ)に相当します。そして水を出している時間がシャッタースピードです。

 

バケツの大きさがISO感度

その蛇口の下にバケツがあり、このバケツの大きさがISO感度に相当します。 仮に1リットルと4リットルと水の量が4倍違うバケツがあるとします。

 

この場合、ISO100が4リットルのバケツでISO400が1リットルのバケツに相当します。数字が逆になるのでややこしいですが感度=感じる度合いなのでこのようになります。

 

つまり4倍強く光に感じるということは 4分の1の光の量できれいに写るということです。仮にISO800だと8倍なのでさらに半分の量でいいということになりバケツで言うと0.5リットルになります。

 

したがって100、200、400、800、1600と感度が上がっていくと必要とする光の量は半分ずつ減っていきますが、きれいに写ることには変わりません。

 

また、少ない光量で済むというのは、その場所の光が少ない=(うす暗い)ということであって、暗く写るということではないので注意してください。

 

感度が上がることのメリット

むしろ感度を上げる=ISOの数字を大きくすることでフィルム時代には三脚やストロボが必要だった場面でも、三脚やストロボがなくてもその場の雰囲気を壊さないで(それなりに)きれいに写せるようになったのです。

 

感度が上がることのメリットをまとめると

 

@速いシャッター速度が使える。したがって手ブレ補正だけでなく被写体ブレまで防げることが可能になってくる。

 

A絞りを小さく(F値で表す数字は大きく)できるのでピントの合う範囲(被写界深度)を深くできる。

 

B光量の少ない(暗い)ところでの撮影が可能になる。

 

ストロボなしでの撮影ができたり、また速いシャッター速度を使えるので場合によっては三脚が必要でなくなる。そのため、お寺や美術館などストロボ使用禁止のところでも撮影可であれば写せるようになる、などがあげられます。まだあるかもしれません。

 

さらに・・・

そしてデジカメの場合は極端に言うと 1カットづつでも感度が変えられるわけです。また感度をオートにできる機種だと その場面に応じた感度を自動的に決めてくれます。ただ感度が上がっていくほどノイズと言って画面のザラツキが出てくる欠点があります。

 

ISOオート

ふだんの撮影の感度はオートでいいと思います。感度を決めて撮ると暗い場面を撮ろうとしてシャッタースピードが遅くなり手ブレ、被写体ブレに気がつかないことがあります。注意していればいいのですが撮影に夢中になりウッカリということがあります。

 

また、ISO感度の幅を設定できる機種もあります。自分がよく使う感度が分かっている場合、たとえばISO200〜ISO800と設定しておけばカメラがその範囲で適切な感度を決めてくれます。

 

大ざっぱな使い分け方

ブレを防ぐことを優先するなら感度を高く(ISO感度の数字を大きく)し 画像のキレイさ(きめ細かさ)を優先するなら感度を低く(ISO感度の数字を小さく)するといいです。

 

もちろん、撮影意図、撮影する被写体などによっていちがいには言えません。

 

「あかるさ」のページへ