露出 写真の明るさ

「露出」は「写真の明るさ」のことではありません。

 

 

写真の本などで、「露出」は「写真の明るさ」のことだと説明されています。間違ってはいないのですが、少し説明不足です。

 

露出 写真の明るさ

 

そのような理解でも実用上は構わないのですが、写真を始める時に、ハッキリさせておいたほうが混乱しないと思います。

 

調節する「手段」

「露出」とは「写真の明るさ」を調節する「手段」のことです。

 

その「手段」が「絞り」と「シャッタースピード」の2つです。

 

ふつう「露出」とは「絞り」と「シャッタースピード」の「組み合わせ」のことを言います。

 

ただ「絞り」と「シャッタースピード」の「組み合わせ」だけでは「写真の明るさ」は分かりません

 

 

「感度」が決まっていないと・・・

「写真の明るさ」を決めるには「感度」が分かっている必要があります。

 

つまり、「写真の明るさ」は「絞り」「シャッタースピード」「感度」の3つを組み合わせて決めると理解しておくと、「露出補正」についても分かりやすくなると思います。

 

 

「被写体の明るさ」は考えない

「写真の明るさ」は「被写体そのものの明るさ」も考えないといけないのですが、一般の撮影では、ストロボ(フラッシュ)やライトは使わないので、ここでは考えなくてもいいと思います。

 

「あかるさ」のページへ

 

 

 

 

 

 

 

露出 写真の明るさ