「EV(Exporsure Value エクスポージャーバリュー)値」って何?

「EV(Exporsure Value エクスポージャーバリュー)値」って何?

 

 

EV値とは

露出量は絞りとシャッタースピードの組み合わせですが、それを1,2,3という整数で表したものを「EV(Exporsure Value エクスポージャーバリュー)値」と言います。

 

絞りの場合はAVという値、シャッタースピードの場合はTVという値で表し、EVという値はそれらを足したものです。

 

つまり、EV=AV+TVです。

 

AV値、TV値とも1段きざみで表すと次のようになります。

 

絞りの場合

左の数字が絞りのF値、【】内がAV値です

 

1.4【1】 2【2】 2.8【3】 4【4】 5.6【5】 8【6】 11【7】 16【8】 22【9】 32【10】

 

シャッタースピードの場合 

左の数字がシャッタースピード(2は1/2のことです)、【】内がTV値です  

 

1【0】 2【1】 4【2】 8【3】 15【4】 30【5】 60【6】 
125【7】 250【8】 500【9】 1000【10】 
2000【11】 4000【12】

 

EV値が同じなら

明るさと感度が変わらない場合、EV値が同じなら、写した写真も同じ明るさで写ります。

 

逆に言うと、感度がISO400でEV10で適正な明るさ(当サイトでは「標準露出」)の場合、同じEV10でもISO200では1段アンダーになり、ISO400で写したよりも暗く(黒っぽく)なり、ISO800では1段オーバーになり、ISO400で写したよりも明るく(白っぽく)なります。

 

つまり、調節できる範囲で、AV値とTV値の組み合わせが選べるということです。どのような写真を撮りたいかによって、組み合わせを決めることが出来ます。

 

絞りを優先するか、シャッタースピードを優先するか

例えば、ボケを優先したい場合は開き気味の絞りを選び、それにシャッタースピードを合わせます。

 

動きを止めて写したい時は、速い目のシャッタースピードを選び、それに絞りを合わせます。

 

「あかるさ」のページへ

「EV(Exporsure Value エクスポージャーバリュー)値