「ヒストグラム」とは?

「ヒストグラム」とは?

 

 

山や波のような形をした棒状グラフのことです。

 

「ヒストグラム」とは棒状グラフという意味です。写真の場合は画面の明るさの分布を見る時に使います。

 

画像を作る1画素は1つの明るさを持っていますが、その明るさをたくさんの段階に分け、それぞれの明るさの画素の数を合計し、棒グラフにしたものが「ヒストグラム」です。山や波のような形です。

 

横軸が明るさ、縦軸がその明るさの画素(ピクセル)の合計数です。左端が真っ黒の画素数、右端が真っ白の画素数を表しています。

 

「ヒストグラム」の見かた

山が左に寄っていると暗い部分が多い写真、右に寄っていると明るい部分が多い写真であることが分かります。

 

ただ、この形だけでは、写真がアンダーかオーバーかは判断できません。被写体によって形はまちまちだからです。「ヒストグラム」の形については気にしなくてもいいと思います。

 

「白とび」「黒つぶれ」

「ヒストグラム」で右端に高い部分があると「白とび」、左端に高い部分があると「黒つぶれ」のある写真になります。

 

ただ、写真のどの部分が「白とび」、あるいは「黒つぶれ」しているかは「ヒストグラム」では分からないので、実際の撮影の時には「ヒストグラム」はあまり気にして見ないほうがいいかもしれません。

 

表示機能を使いましょう。

ほとんどの機種には「白とび」や「黒つぶれ」の表示機能がありますので、こちらを撮影の時に参考にするといいでしょう。

 

特に画面の端っこに「白とび」があると、抜けた印象の写真になるので気を付けましょう。

 

白とびの部分の諧調が出るように露出補正をして撮影し、レタッチで調整する方法があります。

 

あるいは撮影の時に、少し構図を変えて「白とび」しているところを画面からなくしたり、減らす方法もあります。表現したいものが変わらないようなら、こちらのほうがレタッチするより簡単だと思います。

 

「あかるさ」のページへ

 

 

ヒストグラム