露出補正

1つ目の「『さ』はあかる『さ』・絞り、シャッタースピード、感度・・・

まず最初に覚えたいことは「露出補正」についてです。

 

せっかく写したのに画面が明る過ぎる、つまり白っぽ過ぎたり、逆に画面が暗すぎる、つまり黒っぽ過ぎたことがありませんか?これらの原因はカメラ任せにした露出の過不足にあります。

 

 

露出についてはほとんどの場合カメラ任せでいいのですが、カメラが苦手な条件やシーンが少しあるのです。それをカメラマンのほうで修正するのが「露出補正」です。

 

修整の仕方についはカメラの機種によって違うのでマニュアルを見て覚えてください。詳しく説明されていると思います。そして撮影して白っぽ過ぎたら、マイナス側に1段、黒っぽ過ぎたらプラス側に1段に調整して撮影してみてください。それでも足りない時は1.5段、2段などで試してください。

 

『画面の明暗は露出補正でコントロールする』これをまず覚えるようにしましょう。

 

 

「露出」についての詳しい解説については下記の記事をお読みください。

 

プログラムオートにして露出補正をマスターしましょう。絞り優先オートでもいいのですが、プログラムオートのほうが露出補正について理解しやすいです。ISO感度もオートにします。

 

白っぽいものはプラス補正、黒っぽいものはマイナス補正です。「シロップ(白→プラス)、黒あん(黒→アンダー)」などと覚えておくといいです。

 

まずプラス、あるいはマイナス1段で撮ってみて迷ったら、段数を変えてさらに数カット撮っておくといいです。

3つの露出

露出,露出補正



あかるさ記事一覧

上の図の文字が読みにくいので同じ内容の説明を下記に書きました。ここではイメージしやすいように、分かりやすいバケツで説明しています。実際の撮影の時のバケツの大きさ(=感度)選びは、カメラのオートに任せるか、カメラマンが選んで設定します。また、同じ露出量(=絞りとシャッタースピードの組み合わせ)でも、被写体の明るさによって露光量(=バケツに入る水量)は違ってきます。バケツに入る水には明るさの違いがある...

写真の本などで、「露出」は「写真の明るさ」のことだと説明されています。間違ってはいないのですが、少し説明不足です。そのような理解でも実用上は構わないのですが、写真を始める時に、ハッキリさせておいたほうが混乱しないと思います。調節する「手段」「露出」とは「写真の明るさ」を調節する「手段」のことです。その「手段」が「絞り」と「シャッタースピード」の2つです。ふつう「露出」とは「絞り」と「シャッタースピ...

「露出量」は数字「露出量」は絞りの穴の大きさと、シャッタースピードという時間の組み合わせを数字で表したものであって、実体があるものではありません。実際の明るさの量は「露光量」といったほうが混同しなくていいと思います。明るさが違うととても暗い場所で撮影する場合、絞りを大きくし、シャッタースピードを長くしても綺麗に写すことは難しくなります。逆にカンカン照りの屋外で撮影する場合、絞りを小さくし、シャッタ...

「適正露出」という言葉そのものは難しくはないのですが、いざ内容を理解しようとするとややこしくなります。そこでここでは露出も露光も単に明るさのこととして同じに考えて説明します。カメラの自動露出(AE)はかなり優秀なので、ほとんどの場合綺麗に写せます。このカメラが決めてくれた露出をふつう「適正露出」と言っています。ただ、カメラの苦手な被写体や状況があって、暗くなったり、明るすぎたりして写ることがありま...

EV値とは露出量は絞りとシャッタースピードの組み合わせですが、それを1,2,3という整数で表したものを「EV(Exporsure Value エクスポージャーバリュー)値」と言います。絞りの場合はAVという値、シャッタースピードの場合はTVという値で表し、EVという値はそれらを足したものです。つまり、EV=AV+TVです。AV値、TV値とも1段きざみで表すと次のようになります。絞りの場合左の数字が...

絞りとシャッタースピードまず、水道の蛇口の真下にバケツがあるとイメージしてください。まずチョロチョロと蛇口から水を出してバケツに一杯にします。時間がかかりますね。今度は先ほどの倍ぐらいの勢いで水が出るように栓をひねってください。今度は先ほどの半分ぐらいの時間でバケツに水が一杯になったと思います。このバケツに一杯になる時間のことを「シャッタースピード」といいます。そして水をチョロチョロ、あるいはドバ...

「露出」は「絞りとシャッタースピードの組み合わせ」のことですが、ここでは「画面(写真)の明るさ」、つまり「露光量」のことだと思ってください。「適正露出」とは?カメラの自動露出機能のことを「AE」と言いますが、カメラが任せておいてと言って、「絞りとシャッタースピードの組み合わせ=露出」を決めてくれます。この、カメラが綺麗に写ると判断した露出のことを「適正露出」と言います。「標準露出」とは?いっぽう「...

「自動露出」のことを「AE」と言います。デジタルカメラの時代になってフィルムカメラのころよりもとても便利に、そして簡単にキレイな写真を写せるようになりました。撮影する画面全体の「明るさ」を測り、「絞り」と「シャッタースピード」を決めてくれるAE、つまり自動露出の精度もどんどんよくなって来ています。写真の露出を決める4つの要素その写真の露出を決めるのは「明るさ」「絞り」「シャッタースピード」「感度」...

感度の役割りとは?絞りとシャッタースピードがセットになって撮像素子に光を当て、写真という画像(映像)を生みます。ところがそのきれいなはずの写真が、暗すぎたり明るすぎてはガッカリですね。そうならないために、絞りとシャッタースピードとの組み合わせで、これだけの光の量を撮像素子に当てるときれいな写真が撮れるという基準を示すのが感度の役目です。ISOで呼ばれます。感度の役割りというか、使い分け方について書...

感度とは撮像素子に当てる光の量の基準のことデジタルの時代になって大きく変わったことは、記録するのがフィルムから撮像素子になったことです。フィルム時代にも感度はあったのですがそのフィルムの感度は原則1つに決まっていてよく使われるのがISO400くらいだったのです。それでお店で買う時もこちらが特に指定しないとISO400のフィルムを渡されたので特に気にしませんでした。それがデジタルカメラになって自分で...

露出補正は分かりにくい写真を始めると分かりにくいのがこの露出補正だと思います。ほとんどの場合、カメラが測光して決めてくれたオート露出(AE)でうまく撮れます。カメラが間違えて画面を暗く(アンダーに)したり、白っぽく(オーバーに)したりすると説明されることがありますが、カメラの判断が間違っているのではないのです。カメラはプログラムされたとおりに判断して露出を決めてくれているのですが、カメラの苦手な光...

■マイナス補正が必要 ●色が黒いものたとえば黒っぽい服を着ていたり、黒いクルマ、黒い幕などが画面の多くを占めている場合です。バックの車や幕もネズミ色なってしまい、人物などといっしょに撮ると人物もオーバーになります。特に顔などは白っぽくトンでしまいます。 ●画面全体が濃い、あるいは暗いもの上とほとんど同じですが濃い緑の葉っぱ、地面が黒い土の場所などが画面の多くにある場合です。カメラの露出計は画面を中...

ここではより明るくする方法を書いてみます。暗くする場合はこの逆を行ってください。@被写体を明るくする○ストロボを使う○ライトを当てる○レフ板などを使う○明るい窓際などに移動する次からは被写体の明るさは一定とします。A感度を上げる○ISOの数字を今よりも大きくする○例えばISO400をISO800にすると1段分明るくなります。つまり倍の明るさになります。○ただし、大きくしすぎると画面のザラザラが出や...

山や波のような形をした棒状グラフのことです。「ヒストグラム」とは棒状グラフという意味です。写真の場合は画面の明るさの分布を見る時に使います。画像を作る1画素は1つの明るさを持っていますが、その明るさをたくさんの段階に分け、それぞれの明るさの画素の数を合計し、棒グラフにしたものが「ヒストグラム」です。山や波のような形です。横軸が明るさ、縦軸がその明るさの画素(ピクセル)の合計数です。左端が真っ黒の画...

カメラが再現できる明るさには限度があります。人間の目は、その場の明るさ暗さに応じて見ることが出来る適応性があるのですが、カメラには限度があります。つまり、再現できる明るさの幅があり、EVでいうと、だいたい5段分だそうです。EV5段分ということカメラは白と黒の中間のグレーに写真を再現できるように、露出を決めています。それがファインダーなどに0と表示されます。つまり、プラスマイナス2.5段分の明るさ、...