デジカメ 初心者 入門

「RAW」と「JPEG」

デジタル写真になってフィルム写真にはなかった写真用語が出てきました。
その中の「RAW(ロウまたはロー)」と「JPEG(ジェイペグ)」について書いてみたいと思います。

 

 

「RAW」はめんどう?

「RAW」は「JPEG」と違って正確には元データと考えたほうがいいのですが、ここでは単にデータとしますね。

 

「RAW」で撮影してカメラの記録メディア(SDカードなど)に保存された状態では、パソコンのモニターでは見ることができません。それでパソコンで現像という作業が必要になってきます。

 

そのため、カメラを買うとそのカメラ専用の現像ソフトが付いてきます。他のメーカーの現像ソフトは使えないはずで、専用現像ソフトがない場合は、現像できる現像(画像処理)ソフトが必要になります。

 

記念撮影をRAWで撮ってそのままDVDなどにコピーして人にあげても、その人は見ることができないので困ることになります。

 

「RAW」は大容量のデータ

「RAW」は大容量のデータのため以前は、撮影したデータを記録メディアへ書き込もうとすると時間がかかりました。

 

でも今は、高速で書き込めるタイプや大容量の記録メディアがあり、価格も安くなりました。

 

ただ、パソコンのハードディスクの容量を使いますので、そのことも計算に入れておきたいです。

 

「RAW」のいいところ

「RAW」は撮影時の情報がすべて記録されていると考えていいので、最大限、最良の画像処理ができます。

 

ベストな画像をつくれるわけですね。

 

たとえばホワイトバランスに迷う状況でミスをしてもあとで修整できるわけです。「JPEG」でも修整できますが画質が低下します。

 

また、仕上がり機能(設定)なども撮影してからも選べます。

 

「RAW」で出来ないところ

絞りとシャッタースピードの変更はできないことです。

 

また、ブレやピンボケも程度によるでしょうが修整できないと考えたほうがいいです。

 

当たり前といえば当たり前なのですが「RAW」を万能だと考えないほうがいいようです。

 

やはり撮影そのものが大切なのですね。

 

「JPEG」について

撮影した「RAW」データをカメラ内で現像し加工したものが「JPEG」というデータです。

 

加工の過程でデータの一部を捨てていきます。「圧縮」ということで圧縮率が大きくなるほど捨てるデータが増えるので、画質が低下していきます。

 

各メーカーは、そのカメラ内の現像加工ソフトにいろいろ工夫を凝らしています。

 

それで「JPEG」で撮るとそのメーカー、機種の特徴を生かせる、楽しめるといえます。

 

カラーフィルムの色合いなどでフィルムメーカーを選んだのと似ているかもしれません。

 

最近はじつにいろいろな仕上がり設定があるので、機種選びや撮影そのものを楽しめます。

 

当サイトの結論

初心者や現像など面倒な方は「JPEG」でいいと思います。

 

今はものすごい画素数になっているので、画質の低下を一般の撮影では気にしなくてもいいと思います。

 

それでレタッチをして保存する時は、「上書き保存」ではなく「(別名で)名前を付けて保存」することをおすすめします。そうすることで撮影時のデータを残せ、新たにレタッチしたくなった時に、そのデータを使うといいからです。

 

でも、キレイなプリントを作りたい、パソコンでいろいろいじるのが好きだという方は「RAW」を勉強されたらいいと思います。

 

新しい表現方法が見つかるかもしれません。

デジカメ 初心者 入門