デジカメ 初心者 入門

デジカメの基本の「キ」

 

 

カメラには光を通す穴があります。これが「絞り」で大きさを調整出来ます。その穴を明るさが異なった光が通ります。

 

カメラのシャッターボタンを押すと「絞り」が開き、そして閉じます。この開いて閉じるまでの時間が「シャッタースピード」です。

 

デジカメにはフィルムに代わる「撮像素子」というものがあり、そこに光が当たり像が出来ます。

 

「撮像素子」には「感度」というものがあり、どれだけの光を当てればいいかの基準になります。

 

「撮像素子」の「感度」の基準に対して、どれくらいの光を当てるかによって、写真が明るすぎたり暗すぎたりが決まります。その光の量を「露光量」といいます。

 

そしてその「露光量」は「絞り」と「シャッタースピード」の組み合わせで調節します。これを「露出」を決めるといいます。

デジカメ 初心者 入門



デジカメの基本の「キ」記事一覧

カメラの仕組み写真を撮ってみたところ、画面が白っぽ過ぎる、つまり明るすぎたり、黒っぽ過ぎる、つまり暗すぎたりしたことはありませんか?これは露出がオーバーであったり、露出が不足だったからです。オーバーとか不足ということについてはまた別に書きます。では、この「露出」とは何なのでしょうか?まずその前に簡単にカメラの仕組みを考えてみます。カメラには光を通す穴があり、これが「絞り」です。また、フィルムの代わ...

写真の原点真っ暗な部屋にいるとします。どこかの小さな穴から一筋の光が差し込んで来て、部屋の向かい側の壁に外の景色がさかさまに映っています。これが写真の原点で、PHOTO(光)-GRAPH(画)=光の画(え)です。デジタルでもこの原理は変わりません。カメラに例えると・・・穴が「絞り」で、穴から壁までがカメラで言う「焦点距離」です。そして壁が「撮像素子」に相当します。この中の「焦点距離」が画角に関係し...

35ミリ判換算の焦点距離で説明します。■広角レンズ50ミリ未満をこう言います。35ミリあたりは準標準という人もいます。24ミリくらいまでが広角、20ミリ以下が超広角です。簡単に言ってしまえば「おしゃべりなレンズ」です。画面の中にいろいろなもの(被写体、要素)をたくさん撮りこむことができます。活発で元気な印象を受ける半面、逆に言うとたくさん写りすぎてうるさすぎて目ざわりなこともあり得ます。みんながい...

デジタル写真になってフィルム写真にはなかった写真用語が出てきました。その中の「RAW(ロウまたはロー)」と「JPEG(ジェイペグ)」について書いてみたいと思います。「RAW」はめんどう?「RAW」は「JPEG」と違って正確には元データと考えたほうがいいのですが、ここでは単にデータとしますね。「RAW」で撮影してカメラの記録メディア(SDカードなど)に保存された状態では、パソコンのモニターでは見るこ...