デジカメ 初心者 入門

横位置と縦位置

人間の眼は横に並んでいるので、横位置のほうが安定感があり自然に感じるようになっています。

 

風景の広がりなどを表現するには横位置の構図が合っています。ただ、風景に限りませんが、広角レンズで広がりを強調しようとすると、いろいろなものが写りこんでしまい、バラバラな印象の画面になることがあるので注意したいです。

 

人物撮影の時、背景をいっしょに入れて横位置で撮ると、状況を説明することが出来ます。

 

縦位置は左右の無駄なものをカットしやすく、画面をまとめやすいです。左右にポイントになるものがなく、締まりのない画面に感じる時は縦位置で撮ってみましょう。縦位置に適しているのは人物や高い建物、樹木などですが、まっすぐ伸びる道、街並みの道路なども縦位置が合っています。

 

デジカメ 初心者 入門

 

横位置は広がりや状況説明など、縦位置は上下の伸びや奥行などの表現に向いています。

 

どちらか迷った時は横位置と縦位置の両方を撮っておきましょう。1カットしか撮れない場合は、画面を広い目に余裕を持たせて横位置で撮っておいて、あとで縦位置にトリミングするといいです。

デジカメ 初心者 入門