3原色と「補色」、色について

3原色と「補色」、色について

 

 

補色」って何?

「補色」という言葉は分かりにくいのですが、簡単でいいので覚えておきましょう。

 

まず知っておきたいのは、「補色」である2つの色が均等に混じると、白、または黒になることです。

 

「補色」とは

晴れた日の正午前後の太陽の光(白色光 W)は赤(R)緑(G)青(B)の3つの光の色がバランスよく均等に混じった光です。

 

その中の赤がゼロになり緑と青の2色がバランスよく混じるとシアン(C)という色の光になります。

 

このシアンと赤の関係を「補色」といいます。

 

緑+青=白(光の場合)   緑+青=シアン  赤:シアン⇒補色 

 

「補色」はバランスよく混じると「無彩色」になるので、光の場合は白(W)、色の場合は黒(BK)になります。

 

赤+シアン(=緑+青)=白、または黒

 

よく見ると「光の3原色」の赤の「補色」のシアンは「色の3原色」の1つです。

 

これで分かるように「光の3原色」と「色の3原色」は「補色」の関係なのです。

 

それで、すべての色はこの6つの色、赤、緑、青、シアン、イエロー、マゼンタが元になって微妙に混ざって出来ていると言えます。

 

補色

 

向かい合った色が「補色」です。

 

 

色について

色は光が物に当たって反射する時、一部の光の色が吸収されることで出来ます。

 

例えばシアンは赤が吸収され、緑と青だけが反射された色なのです。こう考えると「色の3原色」は「光の3原色」から出来ていると言ってもいいです。

 

ただ最初は6つの色、赤、緑、青、シアン、イエロー、マゼンタがあり、それらが色の基本になるとだけ覚えておくといいと思います。

 

なお、「光の3原色」の赤(R)は黄みの赤(黄色みがかった赤)、「色の3原色」のマゼンタ(M)は赤紫(紫色がかった赤)です。

 

また、「光の3原色」の青(B)は紫みの青(紫色がかった青)、「色の3原色」のシアン(C)は緑みの青(緑色がかった青)です。

 

これらは見分けにくいのですが別の色なので慣れるしかないようです。

 

「あざやかや」のページへ

補色