ホワイトバランス

ホワイトバランスって何のこと

 

 

ホワイトバランスとは?

光には色が付いています。昼間の太陽光は感覚的には無色ですが、白色と言っていいんですね。

 

ホワイトバランスとは、その太陽の光で白く見えるものを、いろいろな光の下で撮影しても、白く写るように調節する働きのことです。

 

人間の目はいろいろな光の下でものを見ても、色を修整して見ることが出来ます。

 

カメラにも太陽光で撮影した時、白く写るものを太陽光以外で撮っても、白く写るように調節してくれる機能があります。それがホワイトバランス機能です。

 

ほとんどの撮影は、カメラのオート・ホワイトバランス機能に任せていいのですが、撮影時に自分で決めたり、レタッチで修正することも出来ます。

 

デイライトタイプという言葉

ものが見えるのは光があるからですが、その光には色が付いています。その色のついた光がものに当たって反射してくるので、ものを見ることが出来ます。

 

景色も花も、街並みも料理も、ネコやイヌたちもそれ自身は光っていないので、真っ暗闇では何も見えませんよね。つまり、ほとんどのものは光が当たって反射してきた光を像として見ています。

 

その中で無色の光があります。それは午前10時くらいから午後2時くらいの太陽光です。それ以外の光は青かったり赤かったりします。

 

よく使われていたカラーのネガフィルムはデイライトタイプと言われていて、太陽の光の下で撮ることを前提に「ホワイトバランス」が調整されていました。

 

ホワイトバランスは太陽光(5500Kくらい)に合わせていたのです

 

そのため、ものに当たった光の種類(色)によって、写真を撮ると赤っぽく写ったり、青っぽく写ったりしたのです。

 

カラーのネガフィルムで室内の電灯光(3500Kくらい)の下で撮ると、赤茶色く写り、曇って(6500Kくらい)いたり、日陰(7500Kくらい)だと青っぽく写りました。

 

電灯光の赤茶色の光がセロハンのように、ものにかぶさって写るイメージです。

 

色温度はケルビンで

ある固体は燃え始めの温度が低い時は赤く、高くなると青く光るそうです。

 

それで色温度という言葉を使い、K=ケルビンで示します。

 

色温度が太陽光より低いと赤っぽく写り、太陽光より高いと青っぽく写ります。

 

自分で調節も出来る

撮影はほとんどオートでいいと思いますが 、色温度が分かるカメラの場合、青く写るようだと自分で色温度を上げて設定し、赤っぽく写るようだと色温度を下げて設定して撮るといいです。

 

色温度をその場の光に合わせるように調整するわけです。

 

色つきのフィルター?

プロやベテランの人は いろいろな色つきのフィルターをレンズの前などにつけて「ホワイトバランス」を調整します。

 

かんたんに言うと、かぶさった色を無色にするためにフィルターを使うと思えばいいです。

 

デジカメはフィルター内蔵?

デジカメの「ホワイトバランス」機能とは、このフィルターと同じ役目をしてくれるのです。

 

フィルムカメラの場合、フィルターの使い方をマスターするのにはかなりの経験が必要でした。

 

でも、デジカメの場合、ほとんどの機種は撮影本番前に「ホワイトバランス」を確認して調整ができます。

 

ほとんどはオートでO.K.

たいていの撮影は「ホワイトバランス」はオートでいいです。「AWB」とか書かれていると思います。

 

ただ、複雑な光線状態では、撮影時、またはレタッチでの色調整が必要になります。

 

また、画面の色を自分のイメージに変える時にも、マニュアルのホワイトバランスを利用できます。

 

撮影後にレタッチも可能です。

 

「あざやかや」のページへ

ホワイトバランス