3つ目の「『さ』はあざやか『さ』・ホワイトバランス、3原色・・・

 

フィルムカメラの時には色についてはカメラ屋さん、現像所に任せるしかありませんでしたが、デジカメは自分で色をコントロールできます。でも、思ったような色で写せていますか?

 

 

フィルムのカメラの時には聞かなかった言葉に「ホワイトバランス」があります。白いものを白く写るようにするカメラの機能のことです。じつは光には色がついています。その色によって出来上がった写真の色合いが違ってくるのです。

 

その機能を感覚的に実感しましょう。カメラの「ホワイトバランス=WB」を太陽光、あるいはディライトなどに合わせて下さい。そしてそのまま、屋外に出て、朝、昼、夕方、晴れ、曇り、雨、木陰などで撮ってみます。また、屋内で、蛍光灯、電灯光などのところでも撮ってみます。光に色がついていることが実感できましたか?

 

 

デジカメには「ホワイトバランス」にもオート機能があるので、最初はオートで撮ってもほとんどの場合は綺麗に写せます。慣れたら『時間帯やお天気や光源に応じて「ホワイトバランス」を変えて』撮影しましょう。

 

「ホワイトバランス」についての詳しい解説は下記の記事をお読みください。

 

画面が赤っぽかったら、色温度を下げます。つまりKの数字を小さくします。青っぽかったら色温度を上げます。つまりKの数字を大きくします。

 

複数の色温度の光源が混じっている時はメインにしたい光源の色温度に合わせます。迷ったら色温度を変えて撮っておくといいです。

 

最初のカットに画面の中に白いもの(白いハンカチや白い紙など)を写しておくと、後のレタッチなどの時の参考になります。撮影の時に「プリセット」という方法もありますが、慣れてから覚えるようにしましょう。光源が変わったら同じようにして白いものを写しておきましょう。

 

「ピクチャーコントロール」「ピクチャースタイル」「クリエイティブスタイル」など、メーカーごとに呼び方は違うのですが、最初は「スタンダード」に設定して撮影しましょう。

 



あざやかさ記事一覧

ホワイトバランスとは?光には色が付いています。昼間の太陽光は感覚的には無色ですが、白色と言っていいんですね。ホワイトバランスとは、その太陽の光で白く見えるものを、いろいろな光の下で撮影しても、白く写るように調節する働きのことです。人間の目はいろいろな光の下でものを見ても、色を修整して見ることが出来ます。カメラにも太陽光で撮影した時、白く写るものを太陽光以外で撮っても、白く写るように調節してくれる機...

「原色」って何?ほとんどの色は、他の色との組み合わせ、混じり合わせで出来ています。ただ、他の色では作ることが出来ない色があります。これが「原色」です。「光の3原色」と「色の3原色」を合わせた6つの色です。じつにたくさんの色がありますが、このたった6色からいろいろな色が出来ていると言えるのです。光の3原色ものに光が当たるとその光は反射してきます。写真の場合、その光の基準になるのが太陽光です。お昼前後...

「補色」って何?「補色」という言葉は分かりにくいのですが、簡単でいいので覚えておきましょう。まず知っておきたいのは、「補色」である2つの色が均等に混じると、白、または黒になることです。「補色」とは晴れた日の正午前後の太陽の光(白色光 W)は赤(R)緑(G)青(B)の3つの光の色がバランスよく均等に混じった光です。その中の赤がゼロになり緑と青の2色がバランスよく混じるとシアン(C)という色の光になり...