斜め構図・対角線構図

斜め

斜め構図 対角線構図

 

構図の基本となる線は水平線と垂直線ですが、その次に意識したいのが斜め線です。斜め線は動きを感じさせることが出来ます。画面の中に傾斜する線を強調すると空間に動きが出ます。

 

普通は水平線や垂直線は傾けないのが原則ですが、縦の線でもローアングルやハイアングルで撮るとあまり違和感を与えないので試してみましょう。ビルやタワーなどの建築物や樹木など以外にもいろいろあると思います。

 

また、水平線を傾けると画面に動きが出て道路などだとスピード感を出せます。ただ、あまり傾けすぎると動きよりも不安定な感じが強調されるようになるので、特別な意図がない限り避けましょう。垂直線の場合も同じことが言えるので極端にならないようにしたいです。

 

画面が単調だと感じたら斜めの線を意識してみましょう。

対角線

斜め構図 対角線構図

 

斜め構図で向かい合う角から線を引くと対角線構図になります。対角線は水平線、垂直線と同じく、構図を考える時の基本になる線です。

 

動きと安定という、相反するものが感じられます。画面の中に直角三角形が意識されるので安定感が生まれるようです。

 

ハイアングルやローアングルで撮影する時によく使われる構図です。見上げたり見下ろしたりすると意外なものに見つかるかもしれません。

 

たとえば木を見上げて撮る時、太くて濃い枝などを対角線上に持ってくると右上、または左上に伸びてゆく動感が表現できます。

 

きっちり角から引いた対角線になっていなくても、途中で切れていても、そのように感じられる線であればよく、また、ゆるい曲線でもいいと思います。

 

斜め構図 対角線構図