三分割法・ 二分割法

三分割法

構図 三分割法 二分割法

 

詳しく言えば3等分割ですが、4本の線と4つの交点を意識します。

 

長い線状でポイントになるものを、その4本の線上、または近くに持ってきます。かたまりや面状のものでポイントになるものなら、その4つの交点上、または近くに持ってきます。言葉で説明すると以上のようになるのですが、いざ撮影しようとすると迷うことが多いと思います。

 

どれをポイントにするか、どこにポイントを持ってくるか、なかなかきっちり来ないことがたびたびです。本などの作例写真を見てもかなりアバウトだったりして、かえって混乱するのではないでしょうか?

 

それできっちりした線や点はあまり気にしなくていいのですが、その代わり次のことを意識します。

 

まず、画面からはみ出してもいいと思うことです。はみ出し具合はちょこっとでもいいし、ガバッと思い切り大きくはみ出してもいいです。説明写真でないのなら全身、全体を撮らなくてもいいです。

 

また、撮りたいものを画面の中心、中央から上下左右に外します。中心で撮ろうとするといわゆる日の丸写真になりやすいです。日の丸構図そのものは悪くないのですが、上下左右四隅が間延びしやすいので注意しましょう。ふつうは中央から外したほうがいいのですが、その時もきっちりした等分割は意識しなくてもいいです。

 

2.5分の1でも3.5分の1のところでもいいので、自分がピッタリと思う感覚で決めましょう。もし、どの位置がいいか迷ったら、いろんな位置で撮ってみましょう。デジタルならたくさんのカットを撮れるのですからその強みを生かしましょう。

 

その場でベストショットを撮ろうとするのではなく、あとでベストショットを選べばいいと思いましょう。

 

そして大切なのは出来るだけ動くことです。まず前に出ましょう。左右にも動いて撮ります。場合によれば斜め後ろや、ま後ろからの撮影も試みましょう。正面撮りが多くなるのがふつうですが別の角度からも撮ってみましょう。

 

 

 

二分割法

構図 三分割法 二分割法

 

横、または縦に画面を二等分に分ける構図法です。よく画面を半分ずつにするのはよくないと言われます。それは画面が2つに分断されるからです。

 

例えば海と空を半分ずつ入れると、どちらを撮りたかったのか分かりにくくなります。やはり海を重視したい場合は、三分割法で海を3分の2、空を3分の1にすると画面が安定し、伝わりやすくなります。

 

ただ、高いところから市街地をパノラマで眺望して撮りたい場合、二分割法が適しています。3分割で空を3分の1だと窮屈な感じになり、逆に空が3分の2になると市街地のパノラマといった意味合いが弱くなります。

 

横と縦に画面を二等分ずつにする四分割法も二分割法と言えます。二分割法の倍の4つの面になるのでどう配置するかが少し難しくなりますが、いろいろ試してみましょう。

 

構図については、自分の思うようにいろいろ撮ってみることも大切です。

構図 三分割法 二分割法